ブログ

  • プーリア州へ旅行してきました!

    先週末から10日ほど、イタリア南部プーリア州に滞在しています。ミラノを出発しました。1075キロ、ノンストップで10時間の車の旅です。プーリア州に入ると、右を見ても左を見てもとにかくオリーブ畑が広がっていました!
  • ブリア=サヴァラン『美味礼讃』(その4・ワイン)

    ワインのボトルといえば、750ml のものを思い浮かべますが、そうなったのは19世紀末のことだとして、玉村豊男さんは、つぎのように解説しています。「ワインを入れるガラス容器は古代からあったが、現在のような一定の形状をもったボトルができたのは、近代的なガラス工業の技術が確立した十九世紀末以降のことである。」
  • 輸入裏話③販売前の仕分け 中小規模輸入者の場合

    輸入通関が終わった商品はいよいよ販売に向けて商品が移動します。商品は、オンライン販売用に向けた自社倉庫や委託先倉庫とは別に、店頭販売用商品は都心や住宅街などの店舗に搬入されます。そこで発生するのが仕分けです。
  • ブリア=サヴァラン『美味礼讃』(その3・ワイン)

    『旧約聖書』冒頭の「創世記」に「ノアの箱舟」の話があります。箱舟の話のあとに、つぎのようなことが書かれています。「さて、ノアは、ぶどう畑を作り始めた農夫であった。ノアはぶどう酒を飲んで酔い、・・・」この記述によれば、『旧約聖書』の世界では、ぶどう酒は太古の時代に起源をもつということになります。
  • 輸入裏話②保管と梱包のコスト 中小規模輸入者の場合

    輸入通関が終わった商品はいよいよ販売に向けて成田空港や東京港から商品が移動します。輸入者の自社倉庫、または倉庫業務を委託している物流会社の委託先倉庫に保管されます。よく見落とされがちなのですが、ここでも実はコストが発生しているのです。
  • イタリアの動物園ズームトリノへ行ってきました!

    今日はイタリアの動物園をご紹介しようと思います!ミラノから車で西に2時間ほど行った所にあるZoom Torino(ズームトリノ)。美食の州といわれるピエモンテ州(州都トリノ)にあります。
  • ブリア=サヴァラン『美味礼讃』(その2・チーズ)

    サヴァランの『美味礼讃』には、いろいろなアフォリズム(箴言)が記されていますが、そのひとつに、「チーズのないデザートは片目の美女である。」というのがありますので、そんなにも重視していたチーズについての『美味礼讃』の記述を少し見ておきましょう。

  • 輸入裏話①隠れた費用 中小規模輸入者の場合

    前回は輸入通関について少しお話をしましたが、イタリアからの商品の輸入に際しては、輸入通関手続き以前にも、実は日本での販売コストを押し上げる要因があるのです。今回は、輸入通関のお話の前に、その点をお話ししておきましょう。
  • ミラノでおすすめのサルデーニャ料理レストラン

    イタリアに住んで10数年。私には日本人の夫と子供2人がいます。この10年の間に食の好みも変わってきて、やはり日本人だからか?魚料理の方が食べたいと思う日々。今回は、私がミラノで1番リピートしているレストランをご紹介します。
  • B2BとB2Cって何?~B2Bで輸入通関にかかるコスト~

    B2B とかB2C といいますと、「どういう意味?」と思うかたも少なくないかもしれませんが、小売業界や通販市場などでよく耳にすることばです。私たちは、イタリアから日本向け事業として、「越境Eコマース」を行なっています。これは、国際物流・国際商流の世界で、どういう特色を持つか。そのことについてお話しします。
  • 世界遺産チンクエテッレに行ってきました!

    ミラノから1番近くの海のある州、リグーリア州へ行ってきました。我が家が最近よく行くのは、セストリレバンテという町で、そこに宿を取り、世界遺産に登録されているチンクエテッレへ日帰りで出掛けてきました。
  • 輸入関税撤廃のからくり

    EUからの輸入関税撤廃というニュースがありました。これでイタリアのワインやチーズがこれまでよりかなり安価で購入できる、そう期待したかたがたも少なくなかったと思います。でも、その後、イタリアのワインやチーズが、日本国内で安価に購入できるようになったでしょうか。おそらく「ノー」だと思います。それはなぜか??